通学と合宿の費用の違い

運転免許を取得するには通学して講習を受けると言う方法と合宿免許に参加して集中的に講習を受けると言う方法があります。運転免許取得をお考えの方にとって、何と言っても気になるのは費用でしょう。費用の違いはどのようになっているでしょうか。通学と合宿で比較してみましょう。

通学で掛かる費用は、およそ28万~33万円程度となります。その教習所の場所やプランによっても異なる場合もありますが、一般的に見るとこのくらいのお値段と言えるでしょう。再受験が重なれば、もっと掛かってしまう場合もありますので、要注意です。一方、合宿の場合は、およそ22万~30万円程度となります。その教習場の所在地、宿泊場所、相部屋かシングルかにもよるのですが、このくらいのお値段が主流となるでしょう。また、時期により異なる場合もありますので、よく調べてみましょう。

中には格安だけど食事なし、割高だけど、観光地巡りのツアー付きと言ったプランもありますし、お得な割引もあります。ご確認を怠らないようにしましょう。その他に合宿免許では交通費支給もありますし、様々な保証もあります。このような費用の面から考えても、集中して講習を受けられるという時間的節約においても合宿免許はお得な選択と言えるでしょう。

合宿免許にかかる費用

合宿免許にかかる費用について、ご説明いたします。ある人気の自動車学校の合宿免許を参考にしました。MT車で、ご説明いたしますので、ご参考になさって下さい。9/1~12/24相部屋の安心コースで243,000円(税込)、1/5~1/24、3/19~6/30相部屋の安心コースで248,400円(税込)、1/25~1/31、3/15~3/18相部屋の安心コースで291,600円(税込)、2/1~3/14相部屋の安心コースで324,000円(税込)です。このように、期間によっても値段は違ってきます。また、プランはシングル、ツイン、ホテルシングル、ホテルツイン等、他にも様々なものがありますので、ご自身に合うものを選択できます。

このようにしてみますと、(別途費用として高速教習費約940円、仮免費用2800円(非課税)が掛かりますが。)かなりお安いと言えます。なんといっても、宿泊費、食事付きなのがお得で嬉しいところです。その他にも保証が付いていますので、ここに記しておきます。

技能教習保証、修了検定保証、卒業検定保証が卒業まであり、仮免学科保証は1回までで以降は1回1700円(非課税)、宿泊保証は最短+4日まで、以降は1泊4536円(税込)となっております。尚、コースは年齢にもよるというところもありますので、ご希望の合宿免許プランはよく確かめた上でのお申込みをとなっています。以上の事をご参考に、様々なプランをご検討下さい。

合宿免許とは

合宿免許とはその名の通り、合宿をして運転免許を取得するといったものです。合宿中はカリキュラムが組まれてあり、集中して教習を受けられますので、短期での教習で運転免許取得も可能なのです。普通車AT限定で14日~、MTは16日~という最短の期間での教習は魅力的ですし、料金がお得(教習料金と宿泊費、1日3食の食事、その教習所によって異なりますが交通費が含まれます。)なところも人気の理由でしょう。プランは様々ありますので、ご自身に合うものを探してみましょう。

合宿免許はお得な教習以外にも、魅力があります。
地方の自動車学校のプランが多いので、旅行気分が味わえますし、同じ目標を持った仲間との出会いがあります。
旅行を兼ねて知らない場所へ行くのは旅行好きにはたまらなく嬉しいことですし、この機会に旅行好きになる可能性もあります。
そして、そこでの人と人との出会いはお金では買えない大きな財産となります。
日常を忘れられるこの充実したひとときが、人生の転機となる場合だってないとは言えません。

このように期待できる大きな収穫が運転免許取得という目標のもとですから、なおさらのことです。当サイトは合宿免許をご希望される皆様のお役に立つ情報を掲載いたしますので、ご参考になさって下さい。合宿免許に掛かる費用、免許取得のための合宿と通学での費用の違いについてもご説明します。このような情報を基に、皆様に合う合宿免許をお探しください。